2010年10月20日(Wed)

バレット社トライジャージ試作3号機

月曜上半身&体幹、火曜下半身&体幹と続けて筋トレやったので今日は休み。やれうれしや。週末が生駒チャレンジなのでダメージを残さないように前半にかためたのだ。全身ギシギシ。

マンションお隣さんのおばーちゃんからよく鯖煮込みをいただく。いつもこれが絶品でうまいのだ。今日も早速いただき、ついついご飯をおかわり。この鯖煮を食べるといつも「オレは鯖煮が世の中で一番好きかも」と思う。秋は体重管理が難しい。




先日、バレットさんより開発中のトライアスロン用ジャージが届いた。モニター用で試行錯誤を繰り返し今回で3作目となる。
101020_175516.jpg

開発が始まってそろそろ1年になる。今年の夏には正式リリースになるだろうと思っていたが、よりいいものをと追求するあまり今期は間に合わなくなった。

試作1号で積みあがった問題をクリアして出来た試作2号は珠洲で着てモニターした。個人的にはキツめにピッタリ着るタイプがよかったが万人向けとなるとそのような戦闘的なタイプは問題がでてくるようで(キツイ、息苦しいなど)ややゆるいタイプとなっていた。(このあたりの調整が非常に難しいのだ)撥水性、速乾性でもやや不安があるようだったがOKラインだなーという感想を持っていた。完成度も高くそのままリリースしても問題なし、のように思える出来。

が、バレット社開発陣はそんなことでは妥協はしない。生地を一から見直し、腕周りや全体のカットも大幅改良、1と2号まではフルジップタイプだったが、ハーフジップに変更となり試作3号機は出来上がった。

まずピッタリ戦闘的なフォルムになった。かっこいい。でもこうなると問題は万人受けするかという問題が出てくることになる。体型は様々で、ある人は丁度というしある人はキツイという。また胸周りがキツイという人もいればお腹だけがキツイという人もいる。そもそも好みがあってピッタリがいい人もいれば緩めがいいという人もいる。

そういう問題を今回は生地の伸縮性能の高さでうまくカバーされている。窮屈な感じがしないのだ。またこの生地は従来品より速乾性が30%向上しているものになった。

時間かけて改良されてきただけあって生地はかなり快適。全体カットも2号機より戦闘的になっていい!走行中のバタつきがない!日本人が考え日本人に合わせて改良されてきた、まさにMadeInJapan!

シーズンが終わったのでトライアスロンレースでモニターできないのが残念なところ。少しだがランやバイク単体でのモニターはしているが(下に着込んだりしている)今のところ不具合は見つからない。

今週末の生駒トレイルを試作3号機で走って、レース環境下の長時間使用でどうなるのかモニターしてみようと思っている。ノースリーブ寒いかなー?

妥協をしないモノつくり精神の会社、頭の下がる思いだ。またその開発に少しだが携われることに光栄に思う。

来期に向けて新開発中のトライアスロンジャージ、乞うご期待!ってとこだ。

生駒、ガタガタになってモニターどころじゃなかったよーってことにならないようにせねばな(汗)

いいもんはイイ、うまいもんはウマイという話。

posted by DAi | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Daiさん
鯖は (鯖煮じゃなくて) ウルトラといいましたが 全76キロ (通称:本鯖)
で わたしは42キロの半鯖に出たんです。

100キロなんて とんでもない! です。

でも 先週 友達が 四万十100キロの 様々な感動するお話を聞かせてもらったら
少しは 出てみてもいいかな―っと 心境の変化が!!
私も そのうちに です。
生駒は DNSじゃなく エントリー時点で 膝の故障で気分は萎え萎えでした。
タダ この前の東山試走で大丈夫かもと感じましたので 予定変更で 応援だけじゃなくて、当日参加(ウォーク)に変えました。

でも、Daiさん
キックは得意中の得意なので どうか
まかせてください。

みつけたら 速!蹴りに行きます。

当日 背後 ご注意! です

Posted by 香 at 2010年10月21日 20:02
鯖煮じゃなかった鯖ウルトラは100キロじゃないんですね。しかも42キロもあるんですか。知らなかった。

その本鯖や半鯖っていう呼び方とか面白いですね。ぜひ10キロタイプとか作ってバッテラと呼んでほしい(笑)

100キロは実は私もとんでもないです。フル走った後はいつも、これの倍以上走るウルトラを考えてビビってしまいます。またうんざりしたりします。

私の場合、チャレンジは当分先のように思います。話を聞いてると面白そうだなとは思いますが100キロっすからね。

当日参加のウォークとは名案ですね。やっぱり応援だけでは物足りないでしょうから。走りたくてウズウズしますよ、ぜったい。

背後を狙うということはちょっと走るつもりじゃないですか。それも名案です。背後警戒厳重にします。後半は特に。ゴール前とか(トラウマ)

あ、もう一人ニーマルジャージ着ているヤツがいるかもです。そいつには是非、回し蹴りをお願いします!

お会いできるといいですね。

思いっきり楽しみましょう!
Posted by DAi at 2010年10月23日 00:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/166524454

この記事へのトラックバック







ヘリウムカチューシャ

ジェネシスRD

ルディーのメット

LAS-アビヌ