2016年07月19日(Tue)

3連休まとめて

土曜-
リバーガイド。

ハイシーズン入りでAMはたくさんのゲストさん。
ガイドのやるべき事は実に多い。そしてそのほとんどが体力勝負である。
がっつり一本下った。





その日はPMが少なかった。
PMは休むもよしであるが、ケイジ先輩がダッキーで出るというのでワシもダッキーで遊びに出ることに。

セーフティー艇という役割も担ってるのでツアーに同行。
愛艇トムキャットは底がパンクしてて水面に張り付くので動きが激重だが、パドリング強化にはもってこい。

責任のない川下りは自由で実に楽しい。

疲れたのでベース泊。
近所のスーパーで酒、つまみなど買い出し部屋飲み。
肉体労働後のビールは格別で、くー生きてるなーてなる。

ボス、まるくん、なおちゃんとフェードアウトしていき、ケイジパイセン、さきちゃんと飲むも離脱。
深夜にゆきちゃんが来て復活して4人で喋りたおした。

--
日曜-
激務な一日。

たくさんのボートを膨らまし、たくさんのゲストさんを迎え、川を漕ぎ下り、ジャンプロックで飛び込んだたくさんのゲストさんをボートに引き上げて、ゴールポイントではボートを担ぎ上げ空気を抜いて軽バン積んでスタートポイントまで運んで、PMに備えてまた膨らます。

そしてたくさんのゲストさんを迎え、川を漕ぎ下り、ジャンプロックで引き上げて〜〜と続くのだ。
暑さと疲労でボートの担ぎ上げは本気でぶっ倒れるかと思うくらいキツイ。

ここんとこ満載ボートが続き、難易度高めの編成で苦闘している。
子供満載、高齢女性満載など様々なパターンがある。

中でも高齢女性満載は最強である。
刻々と変化する自然を相手にしていて、いろんな人が居るので、想定外のことが起こる。

その度に対応力の低さや技術の無さを思い知らされ教えられる。人間の力など無に等しいのだと。
(山や川で偉そうに語るヤツほど大した事ない、というのが持論)

さらっとスマートに、なんてのは程遠く、毎回泥臭くても全力必死で行くしかない。
まあそれが自分のガイディングスタイルなのかも。

曲がらない激重ボートで難所に挑む。
核心部でワシの本気を見せたる!的に魂のスィープ打ったら曲がりすぎて超上級ラインを攻めてしまい後で注意されますた(汗)

ベースでくつろぎ、子供のようにはしゃいでそれぞれの川の事を話すガイドたち(ほぼワシかも)
この時間がたまらなくいい。

全員一致でタカバシへ。
fd4.jpg
川で一緒に戦ったガイドたちと食う一杯は格別です!

月曜-

海の日なので海へ。
前日までいい波があったようだが静かな海(笑)

有名海水浴場はどこも大賑わいで人人人。
BBQはどこも禁止の立て看板。なのでBBQエリアは大繁盛。
いきったニーチャン連中が酒に酔って歌ってたりで大変だ。

ファミリーが多い、見晴らしのいい芝生エリアを見つけたが、BBQ禁止の看板の横でBBQしてるDQNグループがいて却下。
なんの根拠もないが彼らの車は入り口付近に無造作に止めてあった、ホンマ走るんかこれ?的ペッタペタのハイエース(たぶんそう)

1時間さまよって、静かな場所をみつけて海みながらボケーとしていた。
xcv3830.jpg

梅雨が明けたそうだ。

posted by DAi | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:








ヘリウムカチューシャ

ジェネシスRD

ルディーのメット

LAS-アビヌ