2017年01月30日(Mon)

今度はスノーモト

日曜は甥っ子たちを連れてゲレンデへ。

どんな感じかな?と興味のあったスノーモトをやってみた。
IMG_20170129_114035.jpg
見た目はサドルがついていて(スクートはサドルがない)ちょっとゴツイ感じ。

乗ってみたらスクートと同じで、挙動が違うと聞いてたけど正直ワカランかった。

最近は(っと言っても4回目だけど)大きなカーブより、よりタイトで小刻みな切り返しでスピードコントロールできるように練習してるのでイスは不要だった(要するに忙しく動くので座ってられない)

不要というかリフトに乗る時引っかかるし、降りる時はサドルがリフトの下に潜り込んで焦るしで、はっきり言って邪魔だった。

甥っ子たちはエクストリーム特攻野郎で、油断すると直滑降でかっ飛んでいってしまうので見てるだけで脂汗が出た。
IMG_20170129_155227.jpg
なので自分が先に下って、降りて来るのを待つという形をとるが、どっちにしてもすごいスピードで下ってくるので汗だくになり声が枯れた。

何度かこのままでは突っ込む!という場面があり、真正面に入って体を張って止める、という事をしたのでアチコチ打ち身ができた。
当の本人たちは、まるで平気で「どけよジャマすんな」という雰囲気さえあるDQNぶり。

スクート引っ掛けてリフト止めてるわ、昼休憩中には、よその子と喧嘩になってるわでまったくスキがない(雪を当てたらしい。当てられたと言ってたがたぶん当てたと思う)

よし、ここは危ないから絶対ゆっくりな、と言い聞かせ、頷いた次の瞬間、蹴りこんでロケットスタート。
おいおいーーちょっと待て、おいーゆっくりーーと何度叫んだか(苦笑)

けどヤツラは案外うまくコントロールしているようで、綱渡りながら大ゴケせず、またリフト柱に激突することなく安定していた。

15時からは雨が本降りになって人が居なくなってゲレンデは貸し切りに。

全身ずぶ濡れ(外は雨、内は冷や汗w)で寒いのなんの。けれどヤツラは相当面白いらしく結局リフトが止まるまで貸し切りゲレンデを離れなかった。

ロッジの人や仕事が終わったリフトのオジサンに「風邪ひくなよー」とからかわれたが、冗談ではなく寒かった。ここ数年で一番冷えたと思う。

鯉がエサを食べにきた時のように大きく口を開けて爆睡してるヤツラを乗せて渋滞気味の道路で睡魔と闘った。
posted by DAi | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:








ヘリウムカチューシャ

ジェネシスRD

ルディーのメット

LAS-アビヌ