2017年05月10日(Wed)

珍しく仕事な話

アウトドアの話じゃないですスミマセン。
以下、物好き以外スルーで。





本職のオリジナル商品の売れ行きなかなか好調!
弱いイメージのプラスチック製品なので苦戦覚悟してたがそれほどでもない感じ。
※金属なみの強度のプラもあるんですよ

金属では加工しにくい形状と、プラスチックならではの色展開で勝負してます。
ニッチな商品で地味路線ですがw

まあこの地味ってのが一つのキーであって、例えば派手路線なら一気に真似される恐れがあり、それが100均会社なら勝ち目なし、ほぼお手上げになるのだ。
特許取ればいいやんってよく言われるが、特許は取るのも大変だけど、じつは守るのはもっと大変。
監視や警告、弁護士雇ったりで、簡単ではないのだ。相手がプロだと巧妙に抜け穴を見つけてきたり。

昔バイト代すべてつぎ込んでルアーの特許とった事あるけどいろいろあって製品化できず儲けなし大損で終わった経験あり(笑)
申請費や弁理士費用など50万くらいかかったかなぁw

以前、その特許を使ったルアーが実際売られてるよとボスに教えてもらった次第w

んな訳で真似しにくい地味路線に活路を見いだそうと思ったのだ。数、価格共に魅力薄なところ。
ただあまりに地味すぎると単純に需要のない商品になってしまうだけなので気をつけたいところ笑

現在あらたな樹脂でさらなる色展開を考えてて、試行錯誤中。
プラスチックの利点は自由な設計と自由な着色が可能になる事だと思うのでそこを最大限押していく作戦。

新たな樹脂は扱いが難しく、樹脂メーカーも調色メーカーも乗り気なしで苦戦中。

そんな中、面白いね!といって相談に乗ってくれる古い付き合いの技術屋さんが居たりで、あらためて人のありがたさを感じてます。

実店舗に置いてもらう方法や価格の相談など、気さくにいろいろ教えてくれて、店に置いていいよーとまで言ってくれる大杉走輪のオースギちゃんにミワちゃん(近々遊びにいきます!)
http://sorin.jp.net/ ←自転車の事なら大杉走輪

パッケージダサいからやったるわーと言ってくれる美術系舞台仲間がいたり。

何やるにしても行き着くとこは「人」なんですね。

条件がうるさく、一から見直しかけて金型を鏡面まで磨いてまして。。
IMG_20170510_083724.jpg
チマチマと(だりぃ〜)

山でも川でも仕事でも、考え、試して、また考えてって、そんな過程が好きだなぁ。

あまり経験のない飛び込み営業は門前払いされまくりです。
こちらは試行錯誤ながらヘコみまくり。大変ですね営業マンは。。

記事にするくらい仕事が楽しいって、恐ろしい事態になっております(笑)

posted by DAi | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:








ヘリウムカチューシャ

ジェネシスRD

ルディーのメット

LAS-アビヌ