2013年03月28日(Thu)

六甲縦走キャノンボールラン-B

ゴール地点は誰もいないだろうと思ったがマチがおにぎり食っていた(笑)
P3240062.jpg

めぐちゃんは早々にリタイヤしたという。そういえば風邪で咳がひどくコンディション悪そうだったからな。

マチは再スタートし、それを見送った我々は車が置いてあるコインパーキングでランの用意をする。

さて復路。意外にも足は軽かった。A吉さんも調子良さそうでランは8時間くらいで行けるで!とか言いつつ行ってしまった。鉄の塊がないので当然身軽。

あーなんて楽なんやーと思えたのは小1時間ほど。
一気に失速した。蓄積された疲労がどっと襲ってきてダレダレに。
続きを読む

2013年03月27日(Wed)

六甲縦走キャノンボールラン-A

馬の背。
dfgdff定-1.jpg

一番の難所。両側が絶壁で落ちたら高確率で死ねるところ。

P3230038.jpg

っと思った矢先、前を行くA吉さんがバランスを崩して後ろに倒れてきた。幸いすぐ後ろにいたので止められたが、もう少し離れていて加速がついてたら止めきれなかった。あぶねー。
P3230032.jpg

激登りで有名な菊水山手前でゆだてぃ~離脱。
じゃオレはこれで!うけけけ〜と消えてしまった。

あ"、逃げたぁ!?
続きを読む

六甲縦走キャノンボールラン-@

グネった足首の腫れはマシになってきた。と同時に痛みが増してきたように思う。筋肉痛はまだまだあるし、どっちにしても大人しくしているしかないな。週末のかぎろひラリーまでには治ってほしいもんだ。
------------------------------------------------------------------

2013年3月23〜24日は六甲縦走キャノンボールランに出場。

須磨→宝塚間を往復する112キロの部に出る。往路MTB、復路ランというアドベンチャーレーサーらしく複合種目で挑んだ。

聞くところによると、このパターンでの完走者はいないらしいので燃えていた。
エンジンがついてなければなんでもオッケーという大らかな大会で種目は自由なのだ。馬でもいいらしいぞ。

おなじみA吉さんとツーマンセルで行く作戦。オレは往復どころか縦走すらやった事がなく(鵯越〜有馬や新神戸〜宝塚までならあるけど)ルートの詳しい人と行けるのはありがたい。

一応2万5千地図とコンパスを装備(最近これがないと不安で。逆にこれがあるとなんとでもなる自信がついた)

折り返しの宝塚で車をデポしておいて往路MTBの保管場所にする作戦。
続きを読む

2013年03月25日(Mon)

六甲縦走キャノンボール無事帰還

六甲縦走キャノンボール往復112キロの部、完走。
247096064135.jpg
やったぜ!いぇい(*^^)v
往路9時間51分、復路10時間45分のトータル20時間36分。
P3250084.jpg

往路MTB復路ランで挑戦したが、もう二度とやらないと誓う。MTBは楽しくないどころか、あんなとこよく担ぎ上げたなと後になった今でもそう思う。

オレのもA吉さんのも安モノで重量級バイク。足腰、精神ともに破壊力抜群だった。もうやらない。いいやつ買って軽量級になってもやらない。

そんなのやる前からわかってた事やろと言われればそれまでだが、しかし何事もやってみなければ真実はワカラナイのだ。ネット上のうわべだけの情報に踊らされてはいけないのである。

まあこの体験談もネット情報のひとつ。興味があるならまずやって見てください。あまりの進まなさと、挑んだバカさ加減に途中からとんでもなく楽しくなってきますw あと昼間はハイカーが多すぎてますます乗れない。やるなら夜間。滑落とか十分気をつけて。

驚いたのはMTBで往復した人がいるらしい。マヂでぇ?!世の中ひろい!

復路は足どころか全身パンパンで走れねぇ・・中盤は眠気と疲労とコースミスでダレダレになったが後半少し上げられた。

エンジン以外ならなんでもオッケー、すべて自己管理。募集要項に細かい事いわずとりあえず楽しめる人という項目があるオモシロ大会。

みーんな同じファッション(青とかピンクのテーピングって今流行ってるの?)で埋めつくされるトレラン大会とは違い、裸な人(捕まりません?w)
P3230009.jpg
注)着替え中ではない

スケボーで走破する人、
P3240059-1.jpg
注)つんのめって顔面着地する

ゴムゾウリで走る人、
P3240060.jpg
注)やっぱり痛いらしい

など、ちょっと変わった人たちの集まり。

いやーおもしろかった。底抜けに明るくて気さくで楽しんでる人ばっかで、他に囚われないそれぞれのスタイルがかっこいいんだよなぁ。。

往路でやった足首がズンドウ化。腰いてぇ。。全身ボロボロ。しばらく完全オフ。

レポートは後日。







ヘリウムカチューシャ

ジェネシスRD

ルディーのメット

LAS-アビヌ