2014年06月27日(Fri)

ARJS岐阜長良川大会2014B

しかしヤラレ慣れしているワシらの立ち直りは早かった(笑)

すぐに「少々のペナじゃ大丈夫なんじゃないの」という雰囲気になる。

なぜそうなるのかA吉さんが「このままいけば最悪でも2位は確実」と言い出し、あすかさまは「私ぜったい勝ちたい」と言うもんだからチームは完全復活!


続きを読む

ARJS岐阜長良川大会2014A

レース日は体調最悪だった。たいして飲んでないのに二日酔いみたいに頭が痛い。そして胸焼けと吐き気で食欲ゼロ。
闘志など微塵もなく一刻も早く横になりたい。最悪だ。

スタート時間は迫るのでノロノロ用意する。
IMGP3603.jpg
A吉さんがコーヒーを淹れてくれたが一口も飲めない。

続きを読む

2014年06月25日(Wed)

ARJS岐阜長良川大会2014@

LINEグループトーク。サオリンの「みんな痒くない?」から明らかになったケムシ被害。
痒いのです。。足とか腕とか、、

プロのA吉さんが対処法を教えてくれたのでここに上げておきます。
掻くと痒みが広がるタイプは早く病院へ行った方がいいらしいです。普段何事もほったらかしの彼が「行け」というのだから間違いないです。あそこにいたタイプのケムシは一時的な痒みで収まるらしいが、コイツ↓は厄介なんだとか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%89%E3%82%AF%E3%82%AC
ぎゃーーー。どんだけ気持ち悪いねん。

「数十匹の幼虫がいっせいに同じリズムで頭を振る姿はユーモラスである」とか書いてある。
うぁぁ〜気持ち悪すぎ・・。どこがユーモラスやねん。

プロの木こりや造園屋が真っ青になる悪どいヤツらしいです。恐ろしい事に少数いたとの事(怖)
痒みが収まらず広がるようなら早目に病院とのことでした。

藪こぎ中、ハチにやられたA吉さん(2ケ所)
1054.jpg
手がパンパンでキーボード打ちにくいそう(笑)オレは怒り狂うハチをフェリーグライドでかわしました(笑)

あすかちゃんはダニにやられましたよ。

本当の意味での自然相手なんでいろいろありますアドベンチャー。
キッツいですが変な流行りにさらされにくくてイイですね!

レポートです。

続きを読む

2014年06月23日(Mon)

ARJS長良川、無事!

いやー楽しすぎました長良川大会。

スタック地獄、ケムシ祭りでもう大盛り上がりでした(笑)

一日目の予選はラフトのH2H(ヘッドツーヘッド)
最近ラフトの鬼と化してるワシらは燃えに燃えて漕ぎまくり一番時計をマーク!
DSCF5091.jpg
予選トップをもぎ取った。

二日目の本戦はノリッノリの絶好調だったんですが最後ぁぎゃーーと叫んで気絶しそうになりました(笑)
安定のニーマルでございます♪

っとか茶化して書いてますが昨晩は本気で悔しく人知れず枕を濡らしたのでございます♪
----

アドベンチャーレーシングジャパンシリーズ最高!
ロゲイニングとは比べものにならない読図の難しさ(笑)
本物の藪漕ぎはこれやで!と思い知らされ、スタッフさんクマ目撃多発地帯で熊鈴の重要性をリアルに知らされ、スタート1〜2時間で昆虫に対する免疫は格段にレベルアップします(爆)

まったく媚びないコース作り、どっからでもかかってきなさい!的なスタンスが最高です!
そこに集まる選手たちがまたええのです!
IMGP3551.jpg

原人さん、梅さん、二人看板の長良川大会。
支えてくださるスタッフさんたちと合わせて超一流イベント。

原人さんと話す機会があった。
ラフトもきっちり競技にしたいのだと言われた。ADVレースにおけるラフトは余興的に行われる事が多い。練習しても、目一杯漕いでもそれほどレース結果に反映されないのはやっぱりダメだ、練習した者は評価されるべきだと。今回はきっちり競技になっていた。

そのスタンスには大いに賛同し感動したのだった。

カヤックなども危険を伴う競技なので同様な扱いを受けるが、それらもレベルを落とす事なく堂々と競技として組み込まれる事を望む。

「練習して来ないとマジで危ないから〜」

オサレでっせ、危険のないようにしてまっせと媚び媚びレースばかりになりがちな中で、この硬派スタイルを貫く事こそARJSだと思う。

募集開始がレース1週間前!と全く媚びない長良川大会(笑)

全力で挑んで全力で楽しみました!
DSCF5150.jpg

DSCF5070.jpg

DSCF5148.jpg

レースも景色も人も最高でした!!
IMGP3645.jpg








ヘリウムカチューシャ

ジェネシスRD

ルディーのメット

LAS-アビヌ